見出し画像

Meet Hiromi from JPort by SPeak corp.

Hello everyone, this is JPort Student Support Team. We are going to introduce our team of JPort, Japan's Port, for young global students in Japan striving to make Borderless 就活 = Borderless Japan. JPort is a brand by SPeak corporation, a D&I start-up, from Japan. Our 1st member of this series is JPort's founder and CEO Hiromi Karahashi!

みなさん、こんにちは。JPort学生支援チームです。グローバル新卒のために、ボーダーレスな就活=ボーダレスな日本を提供するJPortメンバーを紹介していきます。JPortは日本のD&Iスタートアップである株式会社SPeakが提供するブランドです。チーム紹介の第1弾は、創業者CEOの唐橋宗三です!

*日本語はEnglishの後に書いてあります。r

Can you talk a little bit about yourself?

Hi everyone, my name is Hiromi Karahashi. Just call me Hiromi.
My life has changed dramatically after deciding to get out of Japan at the age of 16 to study in the US. Now, I have a beautiful wife, a foreign national, and
3 beautiful children.

In the US, I went to a high school in Vermont and a university in NYC. My life started to change after meeting various friends from different backgrounds from all over the world. Diversity saved my life because my life back in Japan was dark. How I see the world became colorful during my
8 years on foreign soil.

画像5

こんにちは、みなさん。私は唐橋宗三です。Hiromiと呼んでください。私の人生は16歳で日本を飛び出す決意をして、1人でアメリカに行ってから劇的に変わりました。今は、素晴らしい妻(国際結婚)と3人の子供に恵まれています。

アメリカでは、高校はバーモント州・大学ではニューヨークシティに住んでいました。私の人生は世界中の異なるバックグラウンドを持った多くの友人に出会っていく中で変わっていきました。渡米前の日本での生活は白黒の世界でしたが、ダイバーシティが私の人生を大きく変えました。8年間の異国の地での生活は私の人生観や社会への考え方をカラフルに彩りました。


Why I started JPort

Back in college, I always thought to myself how Japan can become another melting pot for young people from all over the world, but starting up a business wasn't even in my head.

After working at a global company in Japan for some years,
I went to the MBA program at Keio University and started to think "What do I wanna do with my life?" while my wife,
a foreign national, was pregnant with our third child.

Then, the awakening and colorful moments of diversity all came back to me. So I started to talk to numerous global students and companies in Japan and learned that there is way too many "lost-in-translation" kind of pains around the global people in Japan when it's the 21st century.

So finally, I said to myself.
"This is what I wanna change. what I gotta do in my life."

Borderless Japan with
JPort "Japan's Port"

画像5

大学時代、いつも日本をどうすれば世界中の優秀な人材が集まる「人材のるつぼ」になれるかを考えていました。ただ「起業」という言葉は頭の中にはなかったです。

卒業後、日本のグローバル企業で数年経験を積んだ後、慶應義塾大学のMBA課程に進学してから、「さあ人生で何を成し遂げたいか?」を考えるようになりました。その時、外国籍の妻のお腹の中には3人目の子どもがいました。

考えていくうちに、ダイバーシティに彩られた人生や大学時代の気づきや瞬間が全てよみがえってきたのです。その後、多くのグローバル学生や日本にある企業社会の人々とたくさん話し、21世紀にもかかわらず、日本にはグローバルなヒトの周りに「ロスト・イン・トランスレーション(グローバル基準から離れた日本独自の仕組みに戸惑う状況)」な課題がたくさん存在することを学び、愕然としました。

その結果、私は自分自身にこう言いました

「これこそが自分が変えたいこと。自分が人生で成し遂げたいことだ。」

Borderless Japan with
JPort "Japan's Port"


What is your position within the JPort?

I am the founder and CEO of JPort powered by SPeak.
I do almost everything, students support, fund-raising, sales, HR, marketing, and etc. We are a start-up. But thanks to proactive teammates, interns, ambassadors, and all the contributors, we are capable of bringing value and keep improving to support young global students in Japan.

P.S., We are hiring ;)

画像5

私はJPortを運営する株式会社SPeakの創業者でCEOです。私たちはスタートアップなので、今は、学生支援・資金調達・営業・採用・マーケティングなど全てに携わってます。能動的に考え実行できるチーム・インターン・アンバサダーやすべてのステークホルダーの方々のおかげで、日本で学ぶグローバル学生へ価値を届け、日々改善していくことができています。

P.S. メンバーを積極採用中です w

How is JPort different from other job-hunting services?

JPort is a service "of the students, by the students, for the students".

JPort is a community-based platform to encourage and support global students' job hunting in Japan. Existing job-hunting services put more emphasis on the client side's needs instead of what students truly need.

We at JPort will always be on the students' side and improve for the student users.

That is what makes JPort different.

画像5

JPortは、「学生の、学生による、学生のための」サービスです。

JPortは、グローバル学生の就活を支援・勇気づけるコミュニティ型プラットフォームです。現行の就活サービスは学生が本当に必要なニーズよりも、顧客企業ニーズに軸足を置いています。

私たちJPortは、今もこれからも、グローバル学生の隣で、常に学生ユーザーのために日々改善していきます。

これがJPortが違うところです。

Message for Global Students in Japan

You are all challengers.

Some of you are living on foreign soil a thousand miles away from home. Others may be often labeled as "different" because of their background.

Over the past few years, I’ve had the privilege to do career consultation with hundreds of students and encountered students who got lost in 就活, because they felt helpless being alone or losing identity/confidence.
Some cried, some lost motivation, some overcame.

Without a doubt, respecting local culture/ mastering the language is essential
to enjoy life in a foreign country, yet becoming too “Japanese” is gonna
kill your identity and uniqueness as a talent especially in 就活.

Be proactive, Do something unique, Stand out.
Believe it or not, many want to hire person like that as a new graduate.

画像5

グローバル学生のみなさんは、挑戦者です。

みなさんの中には、母国から遠く離れ日本という異国で生活している人もいます。

またほかの人たちは、自分のバックグラウンドだけを見られ「他と違う」と決め付けられてきた人もいます。

わたしはここ数年で数百名以上のグローバル学生のキャリア相談をする機会に恵まれました。出会った学生たちは、大なり小なり、就活に戸惑っていく中で、孤独な気持ちを抱え、自分のアイデンティティや自信を失ってしまうこともよくあります。中には、泣いてしまう人もいた。モチベーションを失ってしまう人もいた。乗り越える人もいた。

もちろん、異国の地で生活を楽しむためには、現地の文化や言語をマスターすることはとても大切なことですが、「日本人化」しすぎて自分のアイデンティティや特徴をなくしてしまうのは、特に就活ではもったいないです。

アクティブに考え、ユニークな行動をして、目立つ。

信じがたいかもしれませんが、多くの会社はそうした新卒のヒトを欲しがっています。




今後もいろいろな記事を掲載するので、是非読んでみてください!
グローバル新卒特化型キャリアプラットフォーム「JPort」企業向けメディアサイト。グローバル新卒、人種・国籍のダイバーシティ&インクルージョン、就活、グローバル人材や外国人材を考えるきっかけを提供。 JPortMatch導入ご検討企業の方は 、 jporthr.jp/ へ。